フォトアルバム

ご挨拶

  • ネイルセラピストの森山京子と申します。「ネイルサロンなんて縁がない」と思っているあなたにこそ必要なネイルケアがここにはあります。
    ネイルケアは心のケア、少しでもお悩みのご参考になれば幸いです。

    ※当ブログ内の画像、ブログ記事の引用転載は禁止です。
Powered by Six Apart

サイト内検索.

« 「デパ地下de親子丼」のお話 | メイン | 「黒豚塩しゃぶしゃぶ」のお話 »

2011年7月 4日 (月)

「京子先生 『家庭画報』デビュー?!」のお話

みなさん こんにちは。

京子先生ですhappy01


この土日も「満席御礼」!!

たくさんのお客様にお越しいただきました。

ありがとうございますheart04

感謝の気持ちでいっぱいですshine



ご予約を、お取りできなかったお客様、本当に申し訳ございませんでした。







さて、今日は「え~~っwobblysign02」なお知らせです。


京子先生が、「家庭画報9月号」(8月1日発売)に

ちょっぴり登場しますhappy02


家庭画報といえば、京子先生の中では、

「すごくお写真がキレイな高級雑誌」という位置付け。


世間に媚びない、独自感と夢のある記事、

そして恐ろしく美しいお写真に

子供の頃から目がクギ付けeyeになってましたもの。



ちょこっとでも掲載されれば嬉しいなぁheart04



今回はネイルのお仕事とはまったく関係ないのですが…sweat01




九州の観光列車の旅train がテーマの撮影です。




「大人女子のふたり旅」的なシチュエーションで

お友達S.Nさんと楽しく撮影してきましたup


(9月号では阿蘇のASOBOYも紹介されるそうです!)



早朝から九州新幹線bullettrainで まずは鹿児島中央駅へ。


Dscf3657















なんと博多から1時間20分sign03

近い!近すぎる」!!


ふたりでパンbreadをモグモグしながら、おしゃべりしてたら、

あっという間に南国でした(笑)


そこから指宿・枕崎線に乗り換えて現地へ。


10年ぶりくらいの指宿です。


Dscf3661















みなさんは、鹿児島ー指宿間を走る「指宿のたまて箱」号という

ステキな列車をご存知ですか?



錦江湾と桜島を臨む海沿いを走るレアな列車。

250pxltd_exp_ibusukinotamatebako_11












山側と海側で、色がツートンに塗り分けられてるんです。

Dscf3659





















とても人気のある「いぶたま」号!

このあたりの竜宮伝説にちなんで、

お客様が乗降する際に、

ドアの上部から ふわぁぁっとミストが出るんですよnote

凝ってますねぇgood

なんとも楽しい趣向ですnotes





しか~し!!

この時の打ち合わせで、

折り返し運転の清掃時間を利用して、

わずか7分間で撮影するカットがある事が判明sweat01

乗り物の撮影は大変なんですね。


あとは主に車中でした。


掲載されるのは3カット。



京子先生は、ちょっぴりしか写ってないのですが、

青い空、蒼い海、桜島…と車窓からの景色は抜群sign03scissors


どうぞ素晴らしい風景をお楽しみくださいね。


Dscf3667_2













桜島です。


Dscf3670_2















ヨットのキャビン等に使われるチーク材や

地元の杉を使ったリッチな車内は、

海側に向いたカウンター席があり、景色満喫できる…はずcoldsweats01



実際の京子先生たちは、構図的に桜島は見ないで、

カメラマンさんのご指示に従って壁のフックを見ながら

笑顔、笑顔happy02(笑)



いつ絶景ポイントがやってくるか分からないので、

揺れる車内で、カメラcameraは、狙ったまま!!



「このカメラマンさんが、画報の美しいお写真を撮っていらっしゃるのね~!」と

思ったら、ジリジリの日差しも なんのそのpunchsign01です。



「たまて箱」号には、図書スペースもあり、

ソファに座ってくつろぎながら、本を読む事ができます。



ここでのカットも、乗客全員が降りた後の数分で撮っていただきましたsweat01



実はこの日は、熊谷で39.8度が観測された日。

そりゃあ鹿児島も暑かったのですcoldsweats01

普段のUVカットが一瞬で水の泡となった 慌しい撮影でしたが

とても楽しくていい思い出になりました。


編集・撮影スタッフのみなさま、感謝いたしますshine



さあ、博多に戻る前に、忘れちゃならないアレsign03

時間がないぞsweat01clock


いそげ~~sign03dash


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394790/26725102

「京子先生 『家庭画報』デビュー?!」のお話を参照しているブログ:

コメント

京子様、いよいよ全国誌に登場とは
凄いわね。もちろん、見ますとも。
鹿児島、一度行ってみたいなぁ!

ナラクマ様
撮影中はゆっくり景色を観る事ができなかったので
またこの列車に乗りたいです。

鹿児島はおいしい物もいっぱいだし、
温泉spaも素晴らしいところheart04

一緒に砂蒸し温泉、入りたいですね(笑)

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。