フォトアルバム

ご挨拶

  • ネイルセラピストの森山京子と申します。「ネイルサロンなんて縁がない」と思っているあなたにこそ必要なネイルケアがここにはあります。
    ネイルケアは心のケア、少しでもお悩みのご参考になれば幸いです。

    ※当ブログ内の画像は転載禁止です。
Powered by Six Apart

サイト内検索.

« 窓から見える癒し♪ | メイン | 爪のカドが気になる爪噛みさん、の親指の変化!! »

2018年5月26日 (土)

爪のカドが気になる爪噛みさん、超改善!!


みなさん こんにちは。

京子先生ですhappy01


全国の「お爪のトラブル」でお悩みのみなさんへ、
何か、少しでもお役に立つ事ができれば・・・と、
SEEZ.で、毎日お手入れをさせて頂いてる京子先生。

そしてこのブログは、
ネイル関係のブログとしては珍しく、
お客様のネイルアート画像などを載せないスタイルです( *´艸`)

なぜならば、

「キラキラshineラブリーなアートなんて、私にはムリ・・・sweat02」と、
半ば絶望の淵に立って、
決死の思いで京子先生のサロンに来て下さる爪噛みや深爪さん、

まずは、その方々に、健康でキレイなお爪、指先を取り戻していただく事が、
最重要使命だと考えているからです。
(あれ?何かのセリフみたい)

そもそも、お仕事柄カラーも長く伸ばすのもNGな爪噛みさんが多いし、
健康なお爪に整ってからのアートは、少し先の事。

(しかし、今回はイレギュラーな事がup


日々、さまざまなタイプのお爪を拝見しますが、
今日ご紹介させて頂くのは、
爪噛み・深爪改善の症例の中でも、
特に参考になるケースだと思いますよ~。

M.J様は、30代後半の美人さんheart04

やはり医療関係にお勤めです。

爪を噛んだりむしったりするクセに長年悩み、
「もう自分の力では 治すのは無理だ」と思って、
SEEZ.でお手入れをスタートさせる決心で、
カウンセリングにお越しになりました。

初回 3月12日の画像を見ると・・・

13


「爪のカド」がとにかく気になるそうです。

段差というか、さわってカドが当たるのがイヤなんですって。

気になって、ずっとゴシゴシさわってしまう、

そのせいで硬くなってしまった皮膚も、
噛みちぎってしまう。

気にならない人にとっては、
「どうして?さわらなかったら気にもならんのに」
という事ですが、
「人のクセ」というのは、簡単には説明がつきません。

このタイプは、両サイドが特に短いのが特徴的です。

乾燥もひどく、甘皮が目立ちますね。

やはり指先は、爪の代わりをしようと、
丸く大きくなり、皮膚は硬くなっています。


どうやっても、
きれいに伸ばすことができなかったM.J様のお爪。

3月12日と、5月7日の画像を続けてご覧ください。


11

12_2






21

22_2


いかがですか?

難関だった、お爪の両サイドも、長く育っています!

ネイルベッドがとても成長して、
お爪と皮膚が密着しているので、
「カド」なんてもはや無いし、
ガサガサしないから、当然気になりませんよね~~。

そして、約2ヶ月で大きく改善したのが「甘皮」!

M.J様は、とにかく保湿して下さいました。

まさに「オイル漬け」です(笑)

京子先生がSEEZ.メソッドで、正しい甘皮ケアをしたのち、
その効果を発揮し続けるかどうかは、
ご本人様の日々の保湿・保護にかかっています。

M.J様は、本当にしっかり手袋を使って、
時間をみつけてはオイルを塗って下さっていたのです。

素晴らしい改善ですね~。

誤った甘皮カットをすると、
皮膚が腫れたり、黒ずんだり、さかむけがひどくなったり、
生えてきた新しいお爪に横線(くぼみ)ができたりします。

ネイリストさんの技量にも注意して頂きたいところですね。



さて、今回のイレギュラーな事とは、、、

『思いのほか早く改善したので、
諦めていた明るい色のカラーとラメをつけてみた!!』

です。

ご本人様の強いご希望によりshine

23

かわいいですねheart04
つやつやnote

2ヶ月前のやつ、小さく( *´艸`)

21_2


あっ!!同じ人ですよ!

関節のシワなどで、確認してね。

実はM.J様も、SEEZ.にお越しになる前、
京子先生のブログのビフォーアフターの画像は、
細かくチェックしていらしたそうです(笑)

「ホントかな~~~???」って。

今度は、チェックされる立場ですねhappy02up


さあ、次回は、親指さんもご紹介いたします。

お悩みの方も多い、目立つ親指さん・・・

どんなお爪が、どう変わったのか!

どうぞお楽しみにheart04


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394790/34127936

爪のカドが気になる爪噛みさん、超改善!!を参照しているブログ:

コメント

爪の形がコンプレックスで色々検索していたら京子先生のブログにてを見つけました。
7年程前から(現在36歳です)右手親指の爪に縦に亀裂が入るようになりました。やや中心より左寄りの場所でネイルベッドから4ミリ程度の長さです。痛み等は全くないのでそこまで慎重になることはなく、いつか治るかなぁと思いながら長年の月日が経っていました。爪の付け根の部分から先端までうっすらと縦に線が見えています。
爪が柔らかく、伸ばしてもすぐにサイドから割れていってしまったり、ネイルベッドも短く、もともと爪の形にはかなりコンプレックスを持っておりました。
京子先生にぜひ見て頂きたいと思ったのですが、住んでいる場所もかなり遠く、子供もまだ小さいので断念せざるを得ません。
京子先生のブログを見て、とにかく保湿が本当に大切というこもが分かりました。京子先生がよくブログに書いておられるように、しっかりとした保湿、ケア、マッサージをすればネイルサロンに通わなくても少しでも今の状態より良い方向に持っていくことはできるのでしょうか?近くにネイルサロンはあっても、爪の縦割れに関してもジェルで補強しかしてもらえずに、京子先生のように爪の育成に力を入れているような場所はないのでなかなか行こうという気になれません。

KM様

コメントありがとうございます。
京子先生のブログを読んで下さってるんですね。
嬉しいですheart

親指のお爪の縦割れについてですが、気になりますよね。
まず、京子先生は、医師ではないので、「診断」はできない事をご承知おきくださいね。

文面からの情報でわかる範囲になりますが、
京子先生が今までたくさんの縦割れを拝見してきた経験から、
おそらく7年前(その少し前の可能性)に、
親指のマトリクス(爪母)にダメージが及ぶようなケガなど、外傷を負われたのではないでしょうか。

ケガが原因と気づかれない方もいらっしゃいますが、
爪甲縦裂症と思われる症状は、利き手(右手)の親指さんに現れる事が最も多いので、
何かしら挟んだり、切ったり、ぶつけたりされたのかもしれません。

SEEZ.にも、爪甲縦裂症のお客様が長年通っていらっしゃいます。
(全国でも有名な福岡の皮膚科医からのご紹介でした)
その方の場合は、爪母に傷があって、伸びてくるお爪にはうっすらと線が入っていて、
放っておくと乾燥して縦割れするので、定期的にシルクとジェルでカバーさせていただいてます。

全体をネイルケアさせて頂いてるので、
「10本ともネイルベッドが育って、キレイなお手もとになった!オマケが付いてきたわ」と喜んでいただいてます。

ご相談のケースは、症状が現れてからの期間が長いので、縦割れの完治は難しいケースかも知れませんが、
万が一、原因がケガではなくマトリクスが健康に稼働していたら、
甘皮ケアや保湿、シルクラップなどの補強で改善するかもしれないので、
一度医療機関で爪母の状態を詳しく診ていただく事をおすすめ致します。

いずれにしろ、保湿は何事にも効きます(*^^*)

どうぞ快方に向かわれますよう願っています!!


コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。